ピルの副作用について解説

ピルの副作用にはこんな症状がある

ピルは高い割合で避妊できるだけでなく、生理痛やPMSの症状が軽減したり、経血の量が減って楽になったりするなどの効果も期待できます。また、旅行や海外出張などの大事な日に合わせて、生理の開始日を調整することも可能です。

副作用としては、むかむかとした吐き気、不正出血、乳房の張りなどがあります。これらの症状はほとんどの場合、一過性のものです。そのうち治まりますので安心しましょう。ただし、まれに血栓症が起こる可能性もあるので、注意しましょう。

血栓症とは、血管の中にできた血の塊によって、血流が阻害され、組織や臓器に悪影響が起こる病気です。重篤な症状を引き起こす可能性があるので、注意しなければなりません。

激しい頭痛、呂律が回らない、視野の以上などの症状が現れた場合は、服用を中止してすぐに病院を受診すしましょう。受診の際はピルを服用していることを伝えましょう。

副作用を心配する女性も多いですが、医師の指導に従って適切に服用していれば、基本的に問題はありません。血栓症が起こるケースは極めてまれですので、過度に心配する必要はありません。

ピルの副作用の主な原因は

ピルには、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストラジオール)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が配合されています。

ピルを服用することで、身体が「これ以上女性ホルモンを作る必要はないと」判断し、生成をストップします。それによって排卵が止まり、避妊できるようになるのです。

服用をやめると再び女性ホルモンの分泌が始まり、排卵が促されます。そのため、生理がずっと止まってしまうという心配はありません。ピルによって副作用が出る主な原因は、ホルモンの量が多かったり、ホルモンバランスが急激に変動したことによるものです。

ホルモンの配合量が低い低用量ピルであれば、それほど深刻な副作用がでることは多くありません。服用を続けて身体が慣れてくれば、副作用の頻度は少なくなっていきます。

ピルの服用中に飲酒をすることで吐き気や頭痛を招くことがあるので注意しましょう。また、服用後の運動も、吐き気や頭痛を招くことがるので、注意が必要です。

ピルの副作用の血栓症とは

望まない妊娠を避けたり、生理日をコントロールしたりするのに役立つピルですが、副作用があるため注意が必要です。具体的にはイライラや頭痛、むくみなどがあげられますが、最も注意すべきなのは血栓症です。

血栓症とは、血の塊、つまり「血栓」が原因で、突発的に血管が詰まってしまう病気のことです。詰まる場所によって具体的な病名は変わります。脳で詰まれば脳梗塞、心臓の筋肉で詰まれば心筋梗塞、肺で詰まれば肺塞栓と呼ばれます。

脳や心筋、肺の血管が詰まり、臓器が機能不全を起こると、最悪の場合、死に繋がります。運良く一命をとりとめたとしても、後遺症を残すケースが多いです。

脳梗塞を例に挙げれば、本人の意志で手足をコントロールできなくなったり、言葉を使って表現をするのが難しくなったりします。

ピルを服用した若い女性がこれらの病気を発症することは稀です。しかし、ピルの服用が血栓症のリスクを引き上げる可能性がある、ということは理解しておきましょう。

ピル以外にも、遺伝が血栓症のリスクを引き上げる要因があります。家族や親戚に心筋梗塞や肺塞栓を患った経験がある人がいないか、聞いておくのいいでしょう。

ピル副作用の血栓症の対処法

血栓症のリスクを増大させる他の要因として、年齢や肥満、糖尿病などが挙げられます。人間の血管は年齢を重ねると柔軟性を失い、内部にコレステロールや脂質がたまりやすくなります。

そうやって狭くなった血管ほど、血栓が詰まりやすくなります。運動不足や食べ過ぎを原因とする肥満も、血液をドロドロにして血管の内部にかさぶたをつくりやすいため、血栓症になりやすいです。肥満の人に多い脂質異常症も、同様の理由でリスク要因となります。

脂質異常症には、血中コレステロールを増大させる薬が服用禁忌薬とされますが、ピルもこれに含まれます。

糖尿病はインスリンというホルモンの働きが鈍り、細胞に栄養を届けるのが難しくなる病気です。栄養不足になる細胞には、もちろん血管も含まれます。栄養不足によって血管が硬くなり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなるのです。

嗜好品のひとつであるタバコも、血栓症の危険性を高めるため、35歳以上で1日15本以上吸う喫煙者はピルが服用できません。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがあります。

血栓症の兆候としては、ふくらはぎの痛みや頭痛、呼吸のしづらさがあります。これらの症状は、ふくらはぎや脳、肺の血管が詰まってきているときにみられます。

疑わしいと感じたら必ず医師に相談してください。

タイトルとURLをコピーしました